難しい士業の資格

資格が必要な士業の仕事

トップ

士業で事務所をもつ夢をかなえる

士業の資格をもっていれば基本的に独立し開業することが可能です。ですが、どの資格者においてもいえることは、顧客がつかなければいくら独立して事務所を構えたとしても経営を続けることはできないということです。十分な経験と知識さらに人脈を築くことができてはじめて経営として成立するのです。ほとんどの士業の資格が国家資格で難関ではありますが、社会の一部となり歯車の一つとしてその資格を活かすということは人ととのつながりを何より大事にしなければならないということになるのです。事務所を開いたあかつきにはそのことを肝に銘じて謙虚に地道に夢をかなえてください。

国家試験が必要な仕事

士業とは、日本における専門的な資格を必要とする職業であり、資格を取得する為には国家試験を必要とします。大きく分けて8つの職業があり、「弁護士」「司法書士」「土地家屋調査士」「税理士」「弁理士」「社会保険労務士」「行政書士」「海事代理士」があり、どれも私達の生活に密接に関わるような職業です。士業は、生活に密接に関わるだけあり、とても人々からの需要が高い為、比較的就職のしやすい職業だと言われています。しかし資格を取得する為には国家試験に合格しなければいけない為、生半可な気持ちでは取得出来ません。これらの職業は、独立開業が出来る為、事務所を立ち上げることも出来ます。もし就職出来た際は、安定した生活が送れることが望めます。

国家資格の士業情報