士業の将来性について

今後の士業についての事


トップ / 今後の士業についての事

士業の今と昔の将来性の違い

士業というと、弁護士、公認会計士、税理士と名前に士がつく資格を言います。昔は、通常のサラリーマンよりも収入もステイタスもあり将来性抜群の資格でした。その為、資格取得者の中には「資格をとったから将来安心だ」という人もいたくらいです。しかし、現在は状況が異なりました。資格を取得したら終わりではなく、始まりの第一歩と言われています。なぜなら、景気の低迷とともに仕事量は激減しました。その為、同じ者同士で仕事を取り合っているからです。現在の士業は、「高い営業センス+専門的な能力」をもつ事が要求されています。

常に将来性を見据えましょう

士業の将来性はかなり厳しいといえます。一つは資格に限定された規制業務は価格的にダンピング状態となり、価格以外の差別化が難しい業務になりつつあることです。二つめは大手の専門法人設立が相次ぎ、様々な専門家を擁し、いわゆる「ワンストップサービス」を売りにしていることから、中小や個人の事務所への依頼が減少傾向にあることです。そういった意味では、ただ士業の資格取得しただけでは全く意味がなく、どう活用するかをあらかじめ決めておくことが重要でしょう。その上で大手の事務所で活躍するのか、中小、個人事務所で働くのか、もしくは企業の一部門で活用するという方法も視野に入れましょう。

国家資格の士業情報