難しい士業の国家試験

士業の合格後の需要とは


トップ / 士業の合格後の需要とは

士業試験の難易度とは

士業というのは、高度な専門知識を持つ国家資格のことであり、弁護士、司法書士、税理士、行政書士などの資格がよく知られています。これらの資格は取得するのがとても難しく、中には試験の合格率がわずか1桁台しかないという資格もたくさんあります。しかしその反面、希少価値が高く世間から常に必要とされる資格であるため、取得することができれば仕事や生活が安定し、自分の人生を豊かにすることができるでしょう。仕事をしながら士業の資格を取得するのはなかなか大変なことですが、取得する資格を選ぶ際は試験の難易度と仕事の需要のバランスが重要なのです。

難易度が高いのに何故目指すのか

士業と言われますのは、弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・社会保険労務士・行政書士といった士が付く職業で、侍行と言われています。独立して事務所を開業することができますが、反面合格するための試験の難易度が高いと言われています。魅力ある職業ですが、合格できなければ意味がありません。特に弁護士・公認会計士・司法書士・税理士といった職業は学生時代から何年物年月をかけて勉強しているのです。何故、難易度の高い試験を目指すのか、ここのところがハッキリしていないと、その後の人生が充実したものになるかわからないからです。今は例え試験に合格しても、弁護士・公認会計士といった士業でも仕事の無い時代なのです。

国家資格の士業情報